« 催しのご案内 | トップページ | ちびっ子暴走族襲来 »

2006年9月16日 (土曜日)

②小上がりを作るでぇぐさん

Imgp1653  がらーんとした中にブルーシートが敷かれました。木材も到着しています。

水道やさん・電気やさん・大工さんなどと打ち合わせをして、どこから工事をするか決めていきます。

今回は小上がりを作る大工さん(以下 でぇぐさんといいます。たんに訛ってるだけ) でぇぐさんは二代目大工。はくさんの近くの下黒川(ここが下黒川だ!の看板があります)という地区に住んでいます。 大工さんというと・・・イメージが家を建ててる感じというか・・・かなづちにねじり鉢巻な雰囲気というか ぽわわわ~んと思い描いてしまいます。大工さんはお頭です。たとえば大工に家を建てる相談をして、大工さんが他の職人さんを集める。集める職人さんの力量も、大工さんの腕にかかっているのです。

 といっても、自分の親戚が水道やさんだったとか、友人が畳屋さんだとかのケースもあるわけで、その人に頼むこともあります。全ての職人さんを大工さんが集めるというケースは今はほとんどないと思われます。はくさんの仕事で大工さんに依頼したのは、①小上がりを作る ②厨房を作る ③トイレの増築 でした。

Imgp1655  畳の下はこんな感じだんの~ 基礎を作っています。

Imgp1756  これは・・・ふすま部分の壁だったかなあ。床にはコンパネが敷かれています。

Imgp1671

Imgp1657  ぴかぴかの丸のこでした。かっこいちゃ~。

Imgp1679  バッテリーのドライバーを使用していました。梯子も赤いシンプルなものです。使い慣れたものなんでしょうね。

Imgp1674  う~ん素晴らしくキレイです。まさに匠の技。二階からふすまを持ってきて、はめたところ、ぴったんこ。まったく狂いもありません。完成後、建具やさんも驚くほどでした。

最近はカタログ販売のように家を建てる方も多く、大工さんの仕事は昔ほど多くはないようです。スタッフKは初めてでぇぐさんの仕事を見たのですが・・・・一つ一つできていく様は非常に感動しました。そしてブログでは仕事ぶりをがっつりと公開していきたいと思ったものです。

「持つべきものはよいでぇぐ」

 

小上がりはだいたい一週間ほどで完成しました。そしてでぇぐさんが作ってる脇では、厨房の基礎工事がはじまっていました・・・。それはまたのちほど。

|

« 催しのご案内 | トップページ | ちびっ子暴走族襲来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ②小上がりを作るでぇぐさん:

« 催しのご案内 | トップページ | ちびっ子暴走族襲来 »