« アンディおじさんの巻 | トップページ | 8月25日の鳥海山 その弐 »

2007年9月 8日 (土曜日)

8月25日の鳥海山 その壱

2007825  いつもいつも素敵な写真を送ってくれる・・・八幡インタープリターの方から、またもや素敵な写真が・・・。8月25日の鳥海山の風景。 

←伏拝岳より新山

2007825_2  ←伏拝岳より庄内平野

あれ?平地がとぎれてるよーって ・・・そこは日本海!荒波の日本海!!

2007825_3  ←伏拝岳より秋田県側 寒風山。

写真クリックしておっきく見てね♪

2007825_4 ←伏拝岳より鉾立・鳥海ブルーライン 象潟(きさかた)方面

海もひろいなあ・・・

2007825_5  ←新山より秋田県側 寒風山

あら 奥様 鳥海山は休火山ですのよ・・・

2007825_6

←新山への途中・・・ 荒神岳と飛島

しかしまあすばらしい天気です

2007825_7 ←新山への途中  写真中央奥にちょこんと月山が見えますね

人もいっぱいいるの~

|

« アンディおじさんの巻 | トップページ | 8月25日の鳥海山 その弐 »

コメント

あぁー(*^~^*)~~☆・:.,;*
山もいいのぉーー。天気もいしのぉー。
元気だうぢ、一回ぐらいのぼてみっでけちゃぁ、鳥海山^^

人どくらべっど、その大きさがわがていの♪

投稿: 西田佳奈子 | 2007年9月 8日 (土曜日) 午後 12時08分

いや~、あこがれるわ。鳥海山。
こっちにも山はくさるほどあるけど
この風景はのぞめないもんね(海がない・・・)

いきたーい。

投稿: てくてく | 2007年9月 8日 (土曜日) 午後 04時12分

鳥海山、素晴らしい風景写真有難うございます♪。学生の頃、仲間と3人で午後バスでブルーライン五合目まで行って、象潟口より笹原をかき分け登り、途中雪渓の側でテント設営、夜を過ごす。寒くて眠れず、固形燃料缶を焚いて夜通し起きていた。翌朝、寝ている仲間2人を置いて登頂開始!!。雪渓で道に迷い、ガレ場に入り、岩ガレをよじ登る(笑)。そしてやっと、山頂へ!!飛島が見えたこと、神社があったことを覚えています。あ~懐かしいデス♪。(ニコニコ)

投稿: ターンバード | 2007年9月 8日 (土曜日) 午後 10時49分

西田さん・・・おばんです。庄内は梨がおいしい季節です。刈屋の梨!!鳥海山の麓の小学校では、強制的に集団鳥海登山が催されます。登っていくにつれ皆から阿鼻叫喚の・・じゃなくて、感動の声が!。登る機会ってなかなかないですよね。お体きをつけて~ スタッフKもきをつけま~す。

投稿: スタッフK | 2007年9月10日 (月曜日) 午後 11時19分

てくてくさん・・・。おばんです。隣の芝生は青というけれど。こちら側からしてみたら、そちらはハイカラなカフェも多く見受けられ、時給も高く、素敵なワンコちゃんがいっぱいいるのではないかと思います。

庄内は豊かな土地であります。何気に海・山・川・んまい食べ物 がそろっている土地なのです・・・。そして鳥海山は庄内側から見るのが一番かっこいいのであります!秋田じゃない!!(←秋田の人ごめんね☆) そこんところは譲れないのであります!!

鼻息が荒くなってきたのでこの辺にしておきます。

投稿: スタッフK | 2007年9月10日 (月曜日) 午後 11時25分

ターンバードさん・・・またもやおばんです。仲間二人を置いて・・・のくだりが気になりましたが、無事頂上にいけたのですね。いでんだいでんだ。鳥海山は昔は女性は登れなかったし、宗教的な争いももっとむかーしあったので、神の山みたいなイメージもあるなあ。 怪談も聞かされました・・・。

投稿: スタッフK | 2007年9月10日 (月曜日) 午後 11時29分

鳥海山!確かに、不思議なお山です。20歳の頃から、ずーと離れません。ところで仲間2人は、登頂後倍速?で戻ると、何とまだ生きて....寝てました(笑)。ガレ場は人の数倍の岩がゴロゴロ積んだところ、正直死ぬかと思いました。向う尾根から、4人程のパーティーが”頑張れ~!!”と声をかけてくれた事を覚えています。手を振りましたが、足は震えてました(爆)。

投稿: ターンバード | 2007年9月11日 (火曜日) 午後 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アンディおじさんの巻 | トップページ | 8月25日の鳥海山 その弐 »