« 刈屋梨がおいしい季節です | トップページ | 収穫の秋 混乱の秋㊦ »

2008年9月 6日 (土曜日)

収穫の秋 混乱の秋 ㊤

019  わあー 穂が実ってきましたー。

いつのまに育ったのでしょうか・・・。

スタッフKが寝てる間に・・・。

012

鳥海山の麓 大台野地区に行ってきました。とうもろこしとかあるから、こーい。と招かれました。

あまーいとうもろこしなのだそうな。

001

おっきなからどりの葉っぱです。傘にもなりそうな大きさです。葉っぱは捨てて、茎は皮を剥いて干すと、芋がらになります。スーパーで「芋がら」で売ってるはずですが・・・。結構地味に売られています。保存食で冬になると納豆汁に入れたりします。根っこはずいぎ芋がおがります。おばあちゃんに

「ずいぎいも」と「さといも」の違いわがらねあんけど?と聞きました。

返事は 「葉っぱみればわがるよー」だと。一緒に植えているそうな。

002 003

左がさといも。右ずいぎ。葉っぱの形状、色は酷似。

おばあちゃん「ほら わがっだろ~」 ほらわかるだろう!っていわっでもわがらねでゃ!

しかしよく見ると、さといもの方が全体の丈が短いのでした。葉っぱの線も数が違う。でもこれだけでよいものだろうか。他にもっとズバッとした違いがあるのではないのか・・・。

「さといもの茎も干して芋がらすんなんがな?」と聞きました。

おばあちゃん「さあ。。どうだろの・・・」

わがらねーー 出来そうじゃん芋がら出来そうじゃん・・・。同じ芋じゃん・・・。

006

ふっと横を見ると日本のハーブ

青シソがいっぱいおがってます。

立派な葉っぱです。なすごんげに刻んでいれっどんめなやの・・・。数枚いただきました。しそ巻きもうめよの。芸術料理だと思うなやの。

今回は庄内弁爆発です。自己翻訳でお願いします。

 次回に続くぅ。

|

« 刈屋梨がおいしい季節です | トップページ | 収穫の秋 混乱の秋㊦ »

コメント

あぁー、さがださかえりで。

こげ、みどりみっど、ほんとかえりで。

まだ、さどごごろついでしまたぁ~

小学校の通学路さ毎年おがった葉っぱは、
さどいもだどばっかりおもったば、

どうも、、ずいきいものほうだよんだ?

まわりの輪郭がギサギサだなど、つるんって
いう違いでねなんがの?

投稿: 西田佳奈子 | 2008年9月 6日 (土曜日) 午前 10時24分

西田さん・・・おばんですぅ。なんか庄内ってズイギのほうがいっぱい植えてるような気がします。芋がら作りもあったからかなー。今は芋がらを作ってる家は少ないですよね・・・。よくおばあちゃんとテレビを見ながら皮を剥きました。爪が痛くなるのでした。

ギザギザありますね・・・それも特徴なのかも・・・。調べたら種芋の大きさも違ってた。しかしおがってる姿がほぼ同じ物体だったのが衝撃でした。

投稿: スタッフK | 2008年9月 6日 (土曜日) 午後 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 刈屋梨がおいしい季節です | トップページ | 収穫の秋 混乱の秋㊦ »