« 庄内動物管理センターへ行きました ㊤ | トップページ | モガミリバー犬舎へ行きました »

2009年7月 8日 (水曜日)

庄内動物管理センターへ行きました ㊦

D_016

このブログではどこまで事実を述べれば良いのか、とても迷いました。しかし今回は感想を率直に記述いたします。不快になったら申し訳ございません。

どちらかというと、自分自身に対する問いかけが多かったのですが・・・。自分への文句を言いたい放題です。たまにはいいでしょう。

D_015

さてご対面です。

D_021

D_022 D_031

D_049 D_027

D_034

・・・黒いわんこ基本データ・・・

おそらくミニチュアシュナイザー×テリア系と思われる(プードルも入ってるような・・・)MIX オス 1歳2ヶ月ほど

中型犬。

真っ黒のようだが、ちょっと白毛もある。部分的には茶色も入っている。どの犬種とのMIXか本当の所は誰もわからず。

人ばかり見る。姿が見えないと鳴く。人が大好き。若干声高い。落ち着きがない。お座りなんとかできる。それ以外できない。飛びつき癖有り。噛み癖は無しのようだ。口元が大きくよだれが少し。毛足が長く、抜け毛もかなりあると思われる。室内飼いでないと、吠えはとまらない様子。

ここへやってきた理由は・・・「吠えるので飼えない」 飼い主さんが保健所に連れてきたとき1歳とのことでした。犬の1歳は人間でいう二十歳です。その後数人の方と面会しましたが、飼うにはいたらず。この動物管理センターで2ヶ月たちます。

D_035

なんとかなでなでしましたが、管理人さんをご主人と思っているのか、落ち着きもなく吠える・・・。

難しい・・・率直にそう思いました。自分はしつけできるのか?抜け毛厳しい。吠えると近所迷惑。責任とれますか?この犬を10年以上育てれるのですか?自分が面倒見るなんてこと言って、甘くないですか?本当に飼う気あるのですか?

管理人さんと話をしました。

里親の方も希望の犬種があり、大体が柴犬・小型犬希望とのことです。柴犬はほとんどいないそうで、そうなるといつまでも連絡はこないことになります。病気のワンコがイヤな人もいます。今回自分に電話が来たのは早いなあと思ってました。おそらく以前わんこを飼ったことがあるので、もしかしたらと思って電話をくださったのではと思います。管理人さんは、

「しつけして、かわいがればとてもよい子になりますよ」

といいました。

しかし数人の方が飼わなかったのです。自分も揺らいでいます。なぜでしょう。めんどくさいからでしょうか。吠えるから?やっぱりもっと違う犬が・・・。なぜなぜ?

いったい人間は何様なのでしょう。結局自分の好きな基準でふるいにかけるのです。かわいそうな子ねえ・・・といいながら、別のことを考えます。

今回はお見合いです。すぐに返事はいらないとのことです。でも何か重い衝撃を受けた気分になりました。

D_040

コーギーが出てきました!なんと本日ご主人のお迎えがくるそうです。ちょっと興奮気味でした。この子は道で拾われて、飼い主が名乗り出なかったのだそうです。

D_042 車に慣れてるね!とても居心地がよさそうに、乗りこんで丸まりました。

さあ!これから第二の人生が!

D_041

コーギーとそのご主人さまは、松林の中をウキウキ・ワクワクしながらかえって行きました。

そして、黒いわんこと自分はポツンとたたずんでいました・・・。

続く。

|

« 庄内動物管理センターへ行きました ㊤ | トップページ | モガミリバー犬舎へ行きました »

コメント

こんにちは。お久しぶりです〜。

愛護団体や保護施設だと、最低限のこと(人に対し攻撃的でない)や基本的なコマンド(お座り待て伏せ)に従えるよう、訓練してから里親に譲渡するところもあるようですね。
この黒いワンちゃんの場合、元飼い主が飼えない理由をわざわざ言って放棄しているし、その後のお見合いも失敗している。
もう何が問題なのかはっきりしているのに、管理センターはただただ里親を待つだけというのは怠慢じゃないのか?と思います。
できることはいくらでもあるのに…人件費的な問題でしょうか。
もしこのワンちゃんがある程度訓練されていての面会だったら、また違った結果だったかも知れません。

里親を希望する人全てが犬のことをよく知っているわけではないので、この段階でふるいにかけられてしまうのは仕方ないのかも知れないけれど、やっぱりそれは多くのワンコにとって不幸なことだなぁと感じました。

投稿: こん | 2009年7月 8日 (水曜日) 午後 01時39分

おひさしぶりです。
私も今まであんまり愛情のかけれそうにない捨て猫を飼おうか迷ったことがあります。
小さい頃ペットが欲しい一心で近場でうろついていた猫を拾って飼いましたが、干渉好きな家族と干渉嫌いな猫の間でストレスがたまって、猫は知らない間に逃げてしまいました。

ふるいにかけるのは残酷ですが結局ふるいにかけないと1匹すらまともに飼ってやれないので、条件の一致は大切と思います。

またブログお立ち寄り下さい。

投稿: H田 | 2009年7月 8日 (水曜日) 午後 11時05分

こんさん・・・コメントありがとうございます!こんさんの言葉にとてもうなずいてしまいました。こちらも管理人さんたちに質問をたくさんしたのですが、獣医さんがみたりもするらしく、譲渡できるかチェックしてからのお見合いだそうです。
しかし・・・。この黒いワンコは・・・。うーむ。

譲渡は去年の10月からだそうで、これから改善されるべき点なのでしょうね。近くには犬の訓練学校があるのです。そこで少ししつけをしたあと譲渡・・・。
なんてことを考えました。次の記事でそのへんのことに触れるかもしれません。

これは私個人の考えですが、あまり行政に期待していません。こんさんの考えはもっともだと思いました。そして私はまったく考えていなかったことでした。どうも期待しない癖がついてしまったようです。

投稿: いなかフェスタッフ | 2009年7月 9日 (木曜日) 午前 12時01分

H田さん・・・四国からこんばんは!かわいいにゃんこをかわいがってください。動物というのは人間の心を読めるのでしょうね・・・。揺らいでいては黒いわんこに失礼ですね。
とても瞳が素直でしたねえ。落ち着かないのですが、たまにふっと落ち着いて、じーーーーーっと見つめるのです。見透かされるような瞳でした。

投稿: いなかフェスタッフ | 2009年7月 9日 (木曜日) 午前 12時08分

う~む。難しいね。
私がよくのぞくブログの一つに
一時預かりボランティアさんのブログがあるんだけど
施設から保護司さんが預かって、さらにボランティアさんの家(多頭飼いの家が多い)に預けられるの。そこで獣医さんに見てもらったり、他のわんこたちに犬社会の教えを受けたり、しつけをされたりするんだけど、みんな卒業(飼い主が決まること)するころにはピカピカわんこになっているんだよ。やっぱ、民間のほうが進んでいるのかしらね・・・。

投稿: てくてく | 2009年7月 9日 (木曜日) 午前 12時39分

まずいちばんの不幸は、この黒い犬の飼い主が
吠えるから飼えないという勝手な都合で
飼育を放棄したことだよね。
吠えるから飼えねえってさ、超勝手な言い分だよ。
大変かもしれないけどしつけをするのが義務じゃんね。馬鹿じゃん?
でもそれを言っても始まらない。
今回は見送った方が懸命だと個人的には思う。
店の仕事があって、
四六時中は犬に時間をかけられないだろうし、
ここでいい人ぶって引き取ってもさ、
多分途中で嫌になるんじゃない?

犬って生活必需品じゃないじゃん。
だから自分がかわいい、一緒に暮らしたいって
思える子に巡り会えるまで待ったらいいと思う。

投稿: あぎょ | 2009年7月 9日 (木曜日) 午前 11時41分

てくてくさん・・・もっけです。ぴカぴカのわんこかあ。なんだかうらやましい境遇です。ブログもみましたよ。ぴカぴカでした・・・。
最近は民間のボランティアも本当に増えましたよね。昔より意識は高くなってきているのだが、ワンコを放棄する人も多いというか・・・。
またいろいろ情報収集してみます。

投稿: いなかフェスタッフ | 2009年7月10日 (金曜日) 午後 11時07分

あぎょ・・・んだなやのう。今朝、保健所に電話したよ。そこでまたいろいろ話をしたのでした。生活必需品ではないから、ぬいぐるみのようにかわいいと思って購入して、すぐ捨てちゃうのだねえ。赤ちゃんの時ってぬいぐるみみたいだから!
本当に家族の一員になると、必需品になるけどね・・・。犬って不思議な生き物ですよ・・・。

投稿: いなかフェスタッフ | 2009年7月10日 (金曜日) 午後 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庄内動物管理センターへ行きました ㊦:

« 庄内動物管理センターへ行きました ㊤ | トップページ | モガミリバー犬舎へ行きました »