« 白山の裏口?にいます | トップページ | キャバリアのロミオ君が来た日 »

2009年8月 2日 (日曜日)

泣ける漫画 「星守る犬」

星守る犬

著者:村上 たかし

星守る犬

ひまわりの中にたたずむわんこが表紙です。双葉社の新刊。800円。1話目を双葉社のHPで読むことが出来ます。泣けます・・・・。

「お父さん」と「白い犬のハッピー」の話。漫画の冒頭で、お父さんとわんこは遺体で発見されます。車の中で一緒に・・・・。なぜか・・・。ページをめくって見届けましょう。

泣けます・・・。

漫画の帯には、「漫画アクション掲載時に異例の大反響を受け、全国から単行本はいつでるのか、との問合せが殺到した【星守る犬】が待望の単行本化!」

と、書かれていました。今年の夏、大プッシュの一冊のようです。

|

« 白山の裏口?にいます | トップページ | キャバリアのロミオ君が来た日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泣ける漫画 「星守る犬」:

» 星守る犬 読了 [わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心]]
どこにでもあるありふれた日常。もしかしたら将来の自分かもしれない。そんな感覚を読 [続きを読む]

受信: 2009年8月15日 (土曜日) 午後 10時54分

« 白山の裏口?にいます | トップページ | キャバリアのロミオ君が来た日 »