カテゴリー「いなかフェの作り方①~⑪」の記事

2008年7月29日 (火曜日)

⑪2006 6・18開店しました~

Imgp2816

2006年 6月18日 さとのえき白山はやっとのこさ開店したのでした。そのときの記憶はあまりありません。何がなんだかわからないときも多く・・・。今思うと冷や汗です。

開店祝いもいっぱいいただいて・・・本当にありがとうございます。

Dscf0028

しょっぱなはこんな感じの店内でした。今とだいぶ違います・・・。

なんかこっちの方がよい感じがする・・・。うむむむ・・・。

Imgp2800_3 Imgp2824

Imgp2832 Imgp3852

Imgp4005

お店というものは日々変り行くものですねぇ。メニューもちょっとずつですが変化していきました。進化という名の変化だと思いたい。そしていろいろな方に宣伝していただき、お店が存在するということを、知ってもらいました。本当にありがとうございます。

ありがとう・・・ありがとう・・・。

いなかフェの作り方も今回で最終回!いったいなにをどう作るのか、さっぱり解説しないまま終了となります。まったく力量不足です。痛感しまくりつつ、最後の写真は肥溜めにはまって袋にいれられ呆然とする、スタッフKの写真で締めくくることにします。

ではまた~引き続き日々のブログをお楽しみくださいませ。

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火曜日)

⑩掃除そうじソウジ!

Imgp1796

水道やさんのワンコ シロちゃん。いまも元気かなあ~

Imgp2538

ブルーシートをとっぱらって、床掃除です。

いなかフェの作り方もついに⑩です!

写真は古いワックスをとってる所。でもいくら磨いてもとれない汚れもある・・・。広くていくらやっても終わらない作業でした。

Imgp2444

がらーん・・・。これでほんとに店なんてできるのでしょうか?

いつまでたっても信じられませんでした。

椅子と机置いてみたりして・・・ちょっと気取って水を飲んだり・・・。

Imgp2571

こちらは金庫室です。ここはコンクリート部屋なのです。なんで音が反響して凄いのでした。ギャラリーにしたいなあと思ってたので、ワイヤーをつるすための器具を取り付けてもらってます。

Imgp2576

たたみやさん。

今のご時世、畳の利用が減ってきてますが、やっぱりたたみはいいものだなあと思います。

Imgp2581

滝のような汗を流してました・・・。

1枚30キロ近くあるそうな。

赤い面は裏側になります。

Imgp2670

白山には大きなテーブルが四つあります。これはとあるブランドの1枚板を安く購入して、大工さんに足をつけてもらったのでした。写真の足は小上がり用のため短いです。板だけの購入だったので車で一回ですみました。これが足つきのテーブルだったら4往復でした。

Imgp2613

この看板も大工さんから作ってもらいました。木彫りも落ち着きがあっていいものです。

大工さんもサービスしてくれて、大変もっけでした・・・。

Imgp2395

この写真、何度も載せてますが、また載せます・・・。あのころ君は軽かった・・・。

| | コメント (0)

2008年7月15日 (火曜日)

⑨トイレ作り&クロスを貼る

Imgp1747  いなかフェの作り方⑨です!

写真はトイレ工事中の時。農協時代はここでお茶などを沸かしてたのです。流しとガスがありました。

Imgp2385

手洗い場です。いっぱいニスを塗りました。5回くらい。もっと個性あるお手洗いにしたかったのですが、ふつーのお手洗いになってしまいました。思うにやりたいイメージがあるならば、しょっぱなが勝負です。

Imgp2403

またもニスを塗っています。ウレタン二スとかいっぱい買いました。

仕事中はFMラジオが友でした・・・。

Imgp2388 これは壁をぬってる所。

右下のわんこは幽霊ではない・・・。

実は大工さんからは「壁はクロス(壁紙)をはるんだよ」と言われてました。しかし農協は面積が広く、壁紙を頼んだら○○万かかるだろうと思い、もともとの壁に水性オフホワイトのペンキを上塗りすることにしたのでした。結果 なかなかきれいにぬれて、まったく問題なし。

Imgp2509

??? 何してるの?ダンボールにハマルわんこ。Imgp2483

こちらはプロの仕事ぶり。

壁紙を貼るところです。クロスがよいのは、飽きたらまた別の柄に変えやすい所でしようか。カタログをみるとそれはそれは様々な柄が・・・。

Imgp2489

きれいな木の模様ですね~。まったく狂いもなくサクサク貼られていきます。

Imgp2497

こちらは厨房。

Imgp2508

完成です。

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日曜日)

⑧厨房をつくる日々

Imgp2039

おお!約一年半ぶりの更新です。いなかフェの作り方!!白山はどのようにして作られたのかをドキュメンタリータッチでご紹介。。。。できればいいのですが、なんだか記憶が飛んでしまって無理です。なんで写真をみながら思い出して見ましょう・・・。忘れててごめんぽーん。

これは換気扇のを取り付けている所です。支えてる箱の下にはガステーブルがくるわけです。ガステーブルもどのくらいの熱量のものなのかで、換気扇の大きさが変ってくるのでした。熱を出すために比例して大きくなるわけですね。法律で決まってるのでしたあ。そんなことしらなかったよ・・・。

Imgp2057

厨房の中をペンキぬりぬりしてます。本来でしたら、塗装やさんにお願いしてもいいのですが・・・厨房ぐらいならできそうに思えたので、素人の腕でぬりぬりです。

Imgp2070

きになーるよー そこの部分があ~。冷蔵庫にのっかって塗りました。

ホームセンターに連日通いました。ペンキがない!と無理な注文してごめんなさいね・・・。

Imgp2050

スキマを埋めていく作業もあります。ビスの穴を完璧に埋めるのがプロなんだと。もちろん素人なので挫折しました。それでもまったく気にならないのも素人のよさか・・・。

Imgp2152

恐怖のニス字。むき出しの木には濃い目の油性ニスを何度も塗りました。今ぬらないと、二度と塗ることはないだろうと思いながら・・・。ニスもいっぱい買いました。ニスがくさくてクラクラしました。

Imgp2061

この頃の鳥海山はまだ真っ白でした。豪雪の年でしたので、工事は遅れ気味・・・

「白山」もまだお店として白紙の状態。

スタッフKもまさかこんなに働くことになるとは、考えてもみませんでした・・・。こんなに接客しなきゃいけないなんて・・・。

| | コメント (0)

2007年1月15日 (月曜日)

⑦THE 職人s

Imgp1855  水道やさんです。水道管を伸ばしているところです。もしかしたら、水場を増やすかもしれない・・・そんな時はしょっぱなから管を伸ばしてもらいましょう。

 後で依頼すると手間ですので・・・。

Imgp2044  外でもゴゴゴォォォっ!!と工事です。浄化槽?だっけかな。足元に注目。石がゴロゴロでてきてます。どうもこのあたりは地中に石がごろんごろんあるとな。

 なへ? それは昔、洪水などが多かったからと思われます。白山近くの日向川は今でこそ、水無し川ですが〔水力発電所ができたので〕 昔、洪水がおきると付近にすんでいる方の苦労もただならぬものがあったようです・・・むむむ。 今も大雨が降ると、ごろんごろんとでっかい岩が流れてくるのでした・・・。

 Imgp1859

 これは厨房の内側の壁です。コンクリからにょきっと配水管が立ち上がっていますねー。ステンレス張らなければいかんなあ。これは板金やさんの仕事になります。

Imgp2036  電気屋さんです。なにしてんのかな。ブレーカーなどのチェックをしているようですが・・・。はしごから落ちないでくださいね。

  なんといいますか・・・自分の考えているイメージを、職人さんたちに伝えるのは難しいものです。図・写真・カタログで伝えていく必要があります。 たとえば蛇口。自分の好みのものをつけたいなあ・・・と考えているならば、早めに手配しなければなりません。図面も早めに見せておかないと、工事が止まってしまうのでした。最近はネットで買えるものも多いですね。専門的な品は取り寄せるのもドキドキです。早めに業者さんに相談したほうがよいでしょー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木曜日)

⑥厨房を作るでぇぐさん

Imgp1787

 厨房工事にとりかかるでぇぐ〔大工〕さん。あっというまにこんな感じ。はえー。小上がりも一週間ぐらいで完成してました。たくさんの木材も運び込まれましたが、工事でほとんどあまったりしてません・・・・。うーむ。匠の技です。

Imgp1791

 こちらの希望する作りを、伝えるのはちょっと難しいものです。早めにいっとかないとサクサクできあがってしまうのでした。

Imgp1815_1

 どんどん板を貼り付けていきます~。はえちゃ~。一方その頃。

Imgp1796

 ちんまりとトラックの中にいる犬はシロ。水道やさんのワンコです。汚い部分は泥らしい。ご主人様をまっているのでした・・・・。

 このようにして、大工さん・電気屋さん・水道やさんが入り乱れての工事でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土曜日)

④金庫室その後

Imgp1646 この部屋はなんだべ・・・??

手前の格子のようなものでわかった方もいるはず・・・この部屋は金庫しつであります。今をときめく金庫室は、最初こんな感じでした。ダイニチブルーヒーターの箱とその上の机はスタッフKが入れたものですけど。

 残念ながら、お札の束はなかったのであります・・・・。しょぼーん。

Imgp2822  ビフォア~ アフターぁ と言うわけで、黒ソファの殺風景な部屋が、白山オープン当時の金庫室です。照明の関係で印象が変わりますね。

 ここは現在も喫茶ルームとして使用できます。でも最近はちょっと寒いのです・・・。壁はコンクリートなのです。やっぱその辺は金庫室!!この部屋ではちょっとしたイベントもできそうな気がします。たとえば、お茶の試飲会をしてみたりとか・・・。お客様が楽しめる何かを、常に考えていたいスタッフKです。〔だいたいは食べることだけ考えてる〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木曜日)

③厨房の基礎工事

Imgp1652  厨房を作る場所を確認します。大工さん(でぇぐさん)が小上がりを作ってる間に、厨房の足元を作らねばなりませんでした。

 厨房を作る基準ってどんなんだろー?さっぱりわかりませんでしたので、庄内保健所生活衛生課に行き、取り決めを聞いてきました。食品を扱う営業は34業種だそうで、はくさんは飲食店営業になります。

 飲食店営業の施設基準を抜粋するとこんな感じ。

・調理室と客席は仕切りにより一定の区画がされていますか。

・手洗い設備の受け皿はL-5(30cm×40cm)以上ありますか。消毒設備・ペーパータオルなどはついていますか。(トイレについても同じ)

・流しは最低2槽以上ありますか。

・食器戸棚に硝子扉等はついていますか。

・冷蔵庫に温度計はついていますか。

・まな板および包丁は魚介類用・野菜類用・生食用などそれぞれ専用のものを備えてありますか。

・窓に防虫網はありますか。排水溝にはねずみを防ぐ設備はありますか。

・廃棄物容器は蓋がありますか。耐水性のものですか。

 こんな感じ・・・です。業種によって他の基準があります。

長々と書いてしまいましたが・・・意外に思ったのは、調理場の面積はこのぐらいないといけない、という決まりがないことでした。上記の決まりを守って、清潔にすればまず大丈夫です。

 しかしこの決まりはあくまで保健所の決まりです。防災の決まりでは、調理場から裏口にすぐでれるようにしなければなりません。厨房内の設備を依頼した会社では、図面を作ってくれますので、何度も往復して厨房内の間取りを決めていきます。

 厨房内の間取りを決めるとうことは、何をドコに置くか決めるということでもあります。水道の立ち上げ、ガスの元栓、流しの位置・・・ だいたいの位置が決まります。どのような料理をだすかにも関わってくるので大事。調理場で人が動く流れも考えながら、設備の配置も決めていきます。はくさんの場合は何も無いところに作らねばならないので、だいぶ悩みました。

Imgp1678  そんなわけで、施設全体の工事着工前に図面をもって庄内総合支庁 生活衛生課食品衛生係へ行き、許可を得ます。

 許可を得たので、ブロック積んで・・・

Imgp1742  配水管も見えます。コンクリートを流す前に設置します。

Imgp1782

コンクリートを流した後です。配水管が立ち上がってるのが見えますね。

 うーん、どうなることやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土曜日)

②小上がりを作るでぇぐさん

Imgp1653  がらーんとした中にブルーシートが敷かれました。木材も到着しています。

水道やさん・電気やさん・大工さんなどと打ち合わせをして、どこから工事をするか決めていきます。

今回は小上がりを作る大工さん(以下 でぇぐさんといいます。たんに訛ってるだけ) でぇぐさんは二代目大工。はくさんの近くの下黒川(ここが下黒川だ!の看板があります)という地区に住んでいます。 大工さんというと・・・イメージが家を建ててる感じというか・・・かなづちにねじり鉢巻な雰囲気というか ぽわわわ~んと思い描いてしまいます。大工さんはお頭です。たとえば大工に家を建てる相談をして、大工さんが他の職人さんを集める。集める職人さんの力量も、大工さんの腕にかかっているのです。

 といっても、自分の親戚が水道やさんだったとか、友人が畳屋さんだとかのケースもあるわけで、その人に頼むこともあります。全ての職人さんを大工さんが集めるというケースは今はほとんどないと思われます。はくさんの仕事で大工さんに依頼したのは、①小上がりを作る ②厨房を作る ③トイレの増築 でした。

Imgp1655  畳の下はこんな感じだんの~ 基礎を作っています。

Imgp1756  これは・・・ふすま部分の壁だったかなあ。床にはコンパネが敷かれています。

Imgp1671

Imgp1657  ぴかぴかの丸のこでした。かっこいちゃ~。

Imgp1679  バッテリーのドライバーを使用していました。梯子も赤いシンプルなものです。使い慣れたものなんでしょうね。

Imgp1674  う~ん素晴らしくキレイです。まさに匠の技。二階からふすまを持ってきて、はめたところ、ぴったんこ。まったく狂いもありません。完成後、建具やさんも驚くほどでした。

最近はカタログ販売のように家を建てる方も多く、大工さんの仕事は昔ほど多くはないようです。スタッフKは初めてでぇぐさんの仕事を見たのですが・・・・一つ一つできていく様は非常に感動しました。そしてブログでは仕事ぶりをがっつりと公開していきたいと思ったものです。

「持つべきものはよいでぇぐ」

 

小上がりはだいたい一週間ほどで完成しました。そしてでぇぐさんが作ってる脇では、厨房の基礎工事がはじまっていました・・・。それはまたのちほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金曜日)

①がらーんとした農協の巻

Rimg0052 カテゴリーに「いなかフェの作り方」を加えました。ここではいかにしてはくさんがオープンしたかを綴っていこうと思います・・・。

これからカフェっぽいの作りたいなーとか、飲食店ってどうやってできていくのかしらん?疑問な不思議なことがあると思います。いなかフェはくさんのケースでよければ参考にしてください。そして地域に根付く素敵なお店作りを作っちゃってください!!そんなこんなで今日は「①がらーんとした農協」です。

Imgp0545  今年は本当に雪が多くて、庄内は被害が甚大でした。全国に庄内の吹雪の恐ろしさを知らしめたのが去年の12月に起きた羽越線脱線事故です。写真を見ての通り雪がもっちりだのゥ。困ったもんだの。

Imgp0533  この雪景色を撮ったのは・・・1月15日です。もっちりな雪は融ける気配を見せず、水道の配管をチェックすることができません。あとはすんげーさんむ(寒い) はっこ(冷たい) 

Imgp0542  ずどーんな雪は農協の屋根から隣の家の屋根に落ち、また滑り落ち・・・エアコンのファンに激突しておりました。ぶっこわれておじゃん。

一番上の画像はがらーんとした農協内部であります。床の配線がだいぶありました。壁も黄ばんでたりしてそのまま使えそうにありません。左端に神棚がありますねえ。今はないなあ・・・どうしたっけ??わすっでしまたの。

本当に店やるのかしらん??スタッフKは冷たいなかぼんやりと考えていたのであります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)